2020年 1月スタートドラマ

『アライブ がん専門医のカルテ』2020年 1/9 (木) 22時~

Pocket

 

『アライブ がん専門医のカルテ』

「いま、誰かのために強く生きたい。」・・メディカル・ヒューマンドラマです。

主演は松下奈緒さん。このドラマでは腫瘍内科医を演じます。

あまり聞きなれない ”腫瘍内科医” とは・・

がん治療を専門とし、様々ながん患者の治療を主導していくために生まれた科です。

欧米では1960年代に発祥しました。

日本は随分おくれています。(2000年代に入り誕生した診療科)

腫瘍内科医はすべてのがん患者と向き合い、専門医として ”がんを切る以外” の選択肢も提示できる豊富な経験則を持っています。

がんの種類を把握し、特性を理解してベストな治療法を見だしていきます。

”がんと共に生きること” を提唱し、さまざまな形でがん患者を救っていきます。

がんは、現在でも誰もが恐れる病です。

どうしても ”がん=不治の病” というイメージがつきまといます。

決定打のある治療方法が見つかればいいのですが、そう簡単にはいかないところが、私たち人間を心の底から苦しめています。

心も身体も蝕まれてしまうからです。

日本でも数少ない腫瘍内科医を松下奈緒さんがどのように演じてくださるのでしょうか。

実際のがん患者やその家族にも、ドラマを通して寄り添えってもらえるような腫瘍内科医をぜひぜひ期待しています。

 

『アライブ がん専門医のカルテ』 基本情報

 

主人公は腫瘍内科医:恩田 心(おんだ・こころ)通称 ”オンコロ先生” です。

学生時代に知り合った匠(たくみ)と結婚し、一人息子をもうけますが、その匠は転倒事故により緊急手術を受けます。

しかし、意識が戻らない状態が続いています。

そんな現実を恩田心は受け止め切れていません。

その恩田心の心強いパートナーとなるのが消化器外科医:梶山 薫(かじやま・かおる)です。恩田心が勤める病院に移籍してきたのです。

有能な医師で ”サイレントキラー” と呼ばれるすい臓がんの手術などを有能な手技で行なえる、がんの知識にとても長けている医師です。

腫瘍内科医の必要性を理解してくれる梶山薫との出会いは恩田心にとって大切な友人となっていきます。

梶山薫も恩田心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴しています。

でも一方でその恩田心に対し絶対言えない秘密を抱えてもいるのです。

それは、なんなのでしょうか。ドラマの盛り上がりに大きく関わってきそうです。

どんなドラマにも、なにかしら謎めいた秘密や大どんでん返しというものがつきものです。

それが、ドラマの醍醐味というものでしょう。

秘密はドラマの中ではスパイス的役割があります。

甘いのか辛いのか・・・きっと放送で明らかになっていきますね。

このフジテレビの木曜劇場はフジテレビで最も歴史のあるドラマ枠といいます。

フジテレビを代表する医療ドラマが数多く送り出されてきました。

※「Dr.コトー診療所」「医龍-Team Medical Dragon-」「白い巨塔」「コードブルー-ドクターヘリ緊急救命」「グッド・ドクター」など

今回のドラマは腫瘍内科という類をみない設定とストーリーということですが、名だたる医療ドラマに一歩も引けをとらない・・そうです。

 

主なキャスト

恩田 心(おんだ こころ)・・(演:松下 奈緒)

横浜みなと総合病院 腫瘍内科医。周囲からは名前を略して”オンコロ先生”と呼ばれている。より多くのがん患者を救いたいという強い思いがある。

 

梶山 薫(かじやま かおる)・・(演:木村 佳乃)

他の病院から転籍してきた消化器外科医。すい臓がんの手術におけるスペシャリスト。バディを組む心にも言えない秘密がある。

 

結城 涼(ゆうき りょう)・・(演:清原 翔)

横浜みなと総合病院 研修医。物事をハッキリ言う性格で誤解されやすい。冷静沈着であるが素直になれない不器用な性格の持ち主。

 

夏樹 奈海(なつき なみ)・・(演:岡崎 紗絵)

横浜みなと総合病院 研修医。結城涼とは同期。真面目で努力家。小児科医を目ざしている。

 

佐倉 莉子(さくら りこ)・・(演:小川 紗良)

横浜みなと総合病院に入院している乳がん患者。心から乳房の全摘手術の話を聞くが現実を受け入れられないでいる。

 

恩田 匠(おんだ たくみ)・・(演:中村 俊介)

心の夫。小説家であるが売れっ子作家とは言い難い状況。ある日、転倒事故に遭い緊急手術を受けるが意識が戻らないままでいる

 

関河 隆一(せきかわ りゅういち)・・(演:三浦 翔平)

容姿端麗。このドラマのキーパーソンとなる人物。ある日突然梶山薫の前に現れる。

 

須藤 進(すどう すすむ)・・(演:田 誠一)

関東医科大学付属病院 消化器外科副科長 心の元上司。

消化器外科医としてだけでなく1人の人間としても人間性に優れている。

 

光野 守男(みつの もりお)・・(演:藤井 隆)

横浜みなと総合病院の腫瘍内科医。恩田心の同僚。

腫瘍内科医としてのキャリアは浅いが、明るく朗らかな性格のため医師や患者たちからの信頼度は厚い。

 

阿久津 晃(あくつ あきら)・・(演:木下 ほうか)

横浜みなと総合病院の腫瘍内科部長。病院内に腫瘍内科を創設した人物。

基本的に診療は恩田心に任せている。部下に対しては寛容である。

開放的で明るい性格。

 

高坂 民代(こうさか たみよ)・・(演:高畑 淳子)

恩田心の担当患者。全身がんを患っている。長年にわたって通院していることもあり、病院内のことに関してはかなり詳しい。

 

恩田 京太郎(おんだ きょうたろう)・・(演:北大路 欣也)

恩田心の義父(匠の父)。テレビドラマなどで多くのヒット作を送り出してきた稀代の人気脚本家。妻亡き後、男で一つで匠を育ててきた。家事全般は心より卓越している。

引用:Wikipedia