2020年 1月スタートドラマ

『トップナイフ ー天才脳外科医の条件ー』2020年1/11(土)22時~

Pocket

 

『トップナイフー天才脳外科医の条件ー』

2020年1月から始まる医療ドラマ。毎週土曜日22時~の放送です。

脚本は「BOSS]・「離婚弁護士」・「コード・ブルー」・「医龍」などの脚本を手掛けた林宏司さんの初小説。

医療ものでは右に出るものはいないほどの人気脚本家です。

「トップナイフ」なんて本当に切れ者のドクターにふさわしいタイトルです。

特に、”メス” ではなく ”ナイフ” という言葉にこのドラマのとてつもない強さと重さが伝わってきます。

タイトルを見ただけで凄腕のドクターの活躍ストーリーであるということがわかります。

 

『トップナイフ ー天才脳外科医の条件ー』 基本情報

ブラックボックスといわれる脳。脳は繊細で神秘的な臓器です。

それゆえに、手術では0.1ミリのミスさえ取り返しのつかないことになってしまいます。

凄まじい緊張感にさらされた現場の脳外科医たちの一流の腕と、不器用な生き方がドラマの中で描かれます。

”トップナイフ”・・医師の中でも超一流の技術を持った、ごく一部のドクターにのみ与えられる最高の称号。

登場人物は東都病院脳神経外科に全国からそんなトップナイフを目指して集まった天才的な脳神経外科医たち。

しかし、彼らは自信家で、癖のある者ばかり。

はたして、どんな苦悩や葛藤や希望がベテラン俳優たちによって描かれていくのかが楽しみなドラマとなりそうです。

 

深山 瑤子(みやま ようこ)・・演:天海 祐希(あまみ ゆうき)

”家族を捨て、メスを握った脳外科の女帝”

脳外をまとめる管理的役割を任される。患者の命を第一に考えているが、家族を捨てたという罪悪感も抱えている。

※東都総合病院 脳神経外科医 脳動脈瘤のスペシャリスト

黒岩 健(くろいわ けんご)・・演:椎名 桔平(しいな きっぺい)

”愛に飢えた手術室の暴君”

「世界のクロイワ」の異名を持つスター脳外科医。仕事で人の命を救っているので、それ以外はすべて自分が優先してもいいという考えの持ち主。自分第一主義。

※東都総合病院 脳神経外科医 脳腫瘍のスペシャリスト

小机 幸子(こづくえ さちこ)・・演:広瀬 アリス(ひろせ ありす)

”自称 ー天才ーのド新人”

いつもトップになる人生を歩んできた。最も難しい医療と言う理由で脳外科医になる。が、実技がまったくダメな新人。

※東都総合病院 脳神経外科 専門研修医

西郡 琢磨(にしごおり たくま)演:永山 絢斗(ながやま けんと)

”心を閉ざした孤高の秀才”

天才を自称しているが、実はコンプレックスの塊。同僚にも患者にも心を開かない孤高の医師。

※東都総合病院 脳神経外科医 外科もカテーテルも出来る二刀流 

来島 達也(きじま たつや)・・演:古川 雄大(ふるかわ ゆうた)

”悩殺王子は脳外のオアシス”

病院の近くのBARのオーナー。多くの医師の憩いの場。

女性を口説くことしか頭にないが、意外な一面も見せる。

※BAR「カサブランカ」のオーナー

今出川 孝雄(いまでがわ たかお)演:三浦 友和(みうら ともかず)

”真意を見せない脳外科のクセ者”

医者としては平凡。だが、人の適材適所を見極める能力に長けている。天才医師をこの脳外に集めたのだが、それには秘密が・・

※東都総合病院 脳神経外科部長

玉井 静香(たまい しずか)・・演:宮本 茉由(みやもと まゆ)

”二つの顔を持つ美人秘書”

今出川部長の美人秘書。トップナイフたちの争いにはそれほど関心がないようにみえる。

※東都総合病院 脳神経外科 部長秘書

伏見 愛子(ふしみ あいこ)・・演:藤本 泉(ふじもと いずみ)

”笑顔が癒しの常識人”

脳外のなかで一番の常識人。癒しの笑顔と冷静さで仕事に取り組む真面目人間。

※東都総合病院 脳神経外科 看護師

小沢 真凛(おざわ まりん)・・演:森田 望智(もりた みさと)

”若きスーパーナース”

若手ではあるが群を抜いて優秀。看護師はもちろん医師にも容赦はしない。

※東都総合病院 脳神経外科 看護師

犬飼剛(いぬかい ごう)・・演:福士 誠治(ふくし せいじ)

”ベールに包まれた敏腕看護師”

深山瑤子からの厳しい要求に応え続けてきた数少ない看護師。私生活は謎。

※東都総合病院 脳神経外科 看護師

引用:トップナイフ公式HP

 

サブタイトルにある ”天才脳外科医の条件” とは・・なんなのか。

解き明かされる真っ向勝負の医療ドラマとお見受けしました。