テセウスの船

『テセウスの船』 2020年 1/19 (日) 21時~

Pocket

 

『テセウスの船』

テセウスの船? それって・・ナニ??

帝政ローマの著述家、ギリシア人のプルタコスはこのようなギリシャ伝説を挙げています。

テセウスがアテネの若者と共にクレタ島から帰還した船には30本の櫂があった。アテネの人々はこれを後の時代にも保存していた。このため、朽ちた木材は徐々に新たな木材に置き換えられていった。

やがて、元の木材はなにも無くなってしまった。

全部が置き換えられてしまったこの船は、はたして元の船と同じと言えるのだろうか?

身近なことで考えてみますと、たとえば人気の歌手グループ。一人代わり、また一人代わり。。そして、全員が代わってしまった時。それは元の人気グループと同じと言えるのでしょうか? 議論の余地があるかもしれません。

 

主人公の田村心は殺人犯の息子として31年間もの間。息をひそめて生きてきました。

それこそ人目を気にして笑うことさえ出来ない毎日を暮らしていました。

ある時、田村心は事件直前の平成元年にタイムスリップ。

そこで出会ったのは、笑顔と優しさが溢れる愛すべき父や母であったのです。

田村心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件(謎の連続毒殺事件)を阻止して過去を変え、未来の家族に笑顔を取り戻そうと決意。

過去を変えることが、未来を変えることになると信じて。

はたして、変えてしまう未来は本当の家族の姿なのか、そうでないのか。

そこが「テセウスの船」のタイトルの由来となったのでしょうか。

このドラマは週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた東元俊哉さんの同名漫画です。

 

『テセウスの船』 基本情報

わたしの人生はこんなはずじゃなかった。どこで道を間違えたのか・・

いや、間違えたわけではない。あの時、他の選択をしていたら今どうなっていたのだろう。

なんて、一度や二度は心のどこかでそんなことを思ったことのある人は大勢いるのではないでしょうか。

残念ながら、タイムスリップは理論上できないらしいです。

でも、出来たとしたらって想像を膨らませたみたらそこには何かしらのドラマがありそうです。

テセウスの船は、2020年とタイムスリップ先の31年前(1989年)の世界が舞台となっています。

主人公・田村心がタイムスリップした世界は父の事件が起きる直前でした。田村心は未来の家族の笑顔を取り戻すために、父の犯罪を阻止しようとします。

しかし、そこには驚愕の真実が待ち受けています。

✅父親は真犯人ではなかったのでしょうか?

もし、それが真実ならば父はなぜ逮捕されてしまったのか‥謎が深まります。

そして、本当の犯人は?

✅それとも、本当に父は犯人だったのか・・

ならば、タイムスリップ先で出会った父と母の愛溢れる笑顔や優しさは偽物だったのでしょうか?

 

やはり、どちらにしても謎だ!

公式サイトでは 「この謎に、涙する」 とあります。

苦悩だらけの、そして涙するほどの謎を竹内涼真さん扮する田村心が解き明かしてくれるでしょう・・

 

そして、わたしには別の謎があるのです。

無事に父親のその事件を解決しても、もしかしたら運命自体は変えられないのかもしれない。

すると、他の事件などが起きて結局、未来は変えられないのではないか・・なんてことを思ってしまうのです。

そして次の謎は、もし事件を阻止できたとしても田村心は2020年に(タイムスリップする前)、その瞬間に戻ってこれるのでしょうか?

未来が変わるということは、戻ってきた2020年がタイムスリップした時と同じとは限らない。家族の在り方(兄弟が増えているとか)・友人関係など、事件を阻止したことによって環境も変わってしまうのではないかと、これも自分勝手の推測ですが・・

 

でも、そこは深くは考えずに ”謎に涙しながら、素直にドラマを堪能しよう!” と思っています。

 

キャスト紹介(2020年)

田村 心(たむら しん)・・演:竹内 涼真(たけうち りょうま)

主人公:殺人犯の息子として31年もの間、家族と共に暗闇の中で生きてきた。

死刑判決を受けながらも無罪を主張する父親の冤罪を信じて調査を行う。

 

田村 由紀(たむら ゆき)・・演:上野 樹里(うえの じゅり)

田村心の最愛の妻。”自分の父親を信じてみて” と、心に助言する。

 

田村 鈴(たむら すず)・・演:貫地谷 しほり(かんじや しほり)

心の姉。父を呪って暗い人生を送っている。

 

車椅子の男(くるまいすの男)‥演:安藤 政信(あんどう まさのぶ)

鈴に寄り添うミステリアスな男。

 

✅1989年と2020年では主人公家族の姓が異なっている。事件後、”佐野” を名乗ることができなかったのかもしれない。2020年では ”田村” 姓になっている。

 

キャスト紹介(1989年)

佐野 文吾(さの ぶんご)・・演:鈴木 亮平(すずき りょうへい)

心の父。家族や村人たちに愛されている警察官だったが、殺人容疑で逮捕されてしまう。死刑判決を受けて収監中。一貫して無実を主張している。

 

佐野 和子(さの かずこ)・・演:榮倉 奈々(えいくら なな)

心の母。明るく朗らかな肝っ玉母さん。

 

木村 さつき(きむら さつき)・・演:麻生 祐未(あそう ゆみ)

音臼小学校の教師。生徒の信頼も厚い。

 

金丸 茂雄(かねまる しげお)・・演:ユースケ・サンタマリア

辣腕刑事。心の正体をあばこうとする。

 

佐野 鈴(さの すず)・・演: 白鳥 玉季(しらとり たまき)

心の姉。明るく快活な女の子。

 

佐野 慎吾(さの しんご)・・演:番家 天嵩(ばんか てんた)

心の兄。天真爛漫な男の子。

 

長谷川 翼(はせがわつばさ)・・演:竜星 涼(りゅうせい りょう)

村の新聞配達員。佐々木紀子とは婚約中である。

 

佐々木 紀子(ささき のりこ)・・演:芦名 星(あしな せい)

メッキ工場でパート勤務をしている。

 

石坂 秀夫(いしざか ひでお)・・演:笹野 高史(ささの たかし)

音臼小学校の校長。

 

田中 正志(たなか まさし)・・演:せいや(せいや)

父親の介護のために音臼村に通う青年。

 

徳本 卓也(とくもと たくや)・・演:今野 浩喜(こんの ひろき)

農業を営んでいる。口数が少ない男。

 

井沢 健次(いざわ けんじ)・・演:六平 直政(むさか なおまさ)

陽気な性格で村のまとめ役。

公式サイト引用