2020年 1月スタートドラマ

『心の傷を癒すということ』2020年 1/18 (土) 21時~

Pocket

 

『心の傷を癒すということ』

もしかしたら、心の傷を癒すのは身体の傷を癒すより難しいのかもしれません。

身体の傷はデータなどで回復状況が把握できますが、心の傷はそうはいきません。

良くなったと思っても、すぐに逆戻りしたり、それ以上に症状の悪化もあるといいます。

その症状はつかみどころがない場合も多いのではないかと思うのです。

ストレスや大きなショックなどで受ける心の傷は生半可なものではありません。

 

テーマは繊細で深く、そして大きく、一言で簡単に語れることではないと深く認識しています。

 

このドラマは精神科医・安 克昌(あん かつまさ)氏の関係遺族から得た事実を元に、人物や団体名を改称した上で、フィクションとして人の心に寄り添い続けた精神科医の物語として再構成したものです。~公式サイトより~

※安 克昌氏は震災1年後に臨書報告としてまとめた「心の傷を癒すということ~神戸・・・365日~」で第18回サントリー学芸賞を受賞しています。

1960年生まれ、そして2000年12月に死去しています。

 

阪神・淡路大震災の発生時、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した若き精神科医・安 克昌(あん かつまさ)氏。手探りながらも多くの被災者の声に耳を傾け、心の痛みを共に感じ、寄り添い続けた日々。震災後の心のケアの実践に道筋をつけ、日本におけるPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆者となりました。在日韓国人として生まれ、志半ばでこの世を去りながらも、険しい道を共に歩んだ妻との「夫婦の絆」と、彼が寄り添い続けた人々との「心の絆」を描きます。

公式サイトより引用

 

 

土曜ドラマ 『心の傷を癒すということ』  基本情報

このドラマは1/18(土)~2/8(土)の全4回です。

安 克昌さんが人々の心に寄り添い続けたように、ドラマ作成に当たり ”素直に、奇をてらわず、ただひたすらに安 克昌さんに寄り添うことを目指した” と言います。

この4回の放送に「生きるということ」が凝縮されているのではないかと思います。

でも、「人が生きる」とは、どのようなことなのでしょうか。。

人生においては、楽しさも苦しさも喜びもあるでしょう。生易しい感情ばかりではないかもしれません。

悲痛な心と向き合わなければならず、時としてそんな感情に負けてしまうことだってあるのです。

そんな時は、差し伸べられる優しくて暖かくてずっと近くに寄り添ってくれるような空気に包まれていたい。

安克昌さんは阪神・淡路大震災直後から、全国から集まってきた精神科ボランティアをコーディネートし、避難所などでカウンセリングや診療活動を行ったそうです。

 

わたし自身、ドラマを通してでも安克昌さんの息づかいを感じることができれば、と思っています。

 

安克昌さんを演じるのは柄本佑(えもとたすく)さんです。

ほんのりと優しい感じをかもしだす柄本佑さんは、安克昌さんのお人柄を感じさせてくれるのではないかと心密かに楽しみにしているのです。

 

キャスト紹介

安 和隆(あん かずたか)・・演:柄本 祐(えもと たすく)

主人公。ジャズピアノの腕前はプロ級。レコードと読書をこよなく愛する ”はにかみ屋” 阪神淡路大震災に被災する。

安 終子(あん しゅうこ)・・演:尾野 真千子(おの まちこ)

映画好き。持ち前の明るさで常に和孝を支え続ける妻。

安 哲圭(あんてっけい)・・演:石橋 凌(いしばし りょう)

和孝の父。在日韓国人一世。精神科医になるという和孝の決断に反対する。

朴 美里(ぱく みさと)・・演:キムラ 緑子(きむら みどりこ)

和孝の母。在日韓国人二世。優しくおおらかに夫や家族を包みこみ支え続ける。

安 智明(あん ともあき)・・演:森山直太朗(もりやまなおたろう)

和孝の兄。幼いころから努力家の優等生。原子力研究開発の第一人者になる。

安 壮介(あん そうすけ)・・演:上川 周作(かみかわ しゅうさく)

和孝の弟。二人の兄の背中を追って育つ。父の事業を継ぐ。

湯浅 浩二(ゆあさ こうじ)・・演:濱田 岳(はまだ がく)

和孝の唯一無二の親友。和孝と同じ精神科医。

谷村 英人(たにむら ひでと)・・演:趙 珉和(ちょう たみやす)

日報新聞社文化部の記者。震災二日後に「精神科医から見たことを内側から書いてほしい」と和孝に連載を依頼。

ママ(まま)・・演:濱田 マリ(はまだ まり)

和孝・湯浅が学生時代から通っていたジャズ喫茶「スクルド」のママ。

結城 理恵(ゆうき りえ)・・演:谷村 美月(たにむら みつき)

避難所で出会った和孝の患者。地震をきっかけに精神的に不安定になる。

校長先生(こうちょうせんせい)・・演:内場勝則(うちばかつのり)

避難所となった朝日小学校の校長先生。

梓(あずさ)・・演:紺野 まひる(こんの まひる)

幼い子と二人暮らし。被災後、仮設住宅に入居。

片岡 心愛(かたおか ここあ)・・演:清水 くるみ(しみず くるみ)

和孝の患者。和孝から多重人格の診断を受ける。

北林 史也(きたばやし ふみや)・・演:浅香 航大(あさか こうだい)

和孝の後輩医師。和孝をあこがれと慕い続ける。被災地の心のケアに奔走。

新島 聡子(にいじま さとこ)・・演:平岩 紙(ひらいわ かみ)

和孝の同僚看護師。避難所での看護活動をする中で和孝と出会う。

永野 良夫(ながの よしお)・・演:近藤 正臣(こんどう まさおみ)

日本を代表する精神医学の権威。大学生の和孝が精神科医への道を決めるきっかけとなった憧れの恩師。