ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~

『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』’20年 1/24(金)22時~

Pocket

 

ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~

ハムラアキラ。なんのこっちゃ・・何かの呪文??

と思われた方もいらっしゃるかも。。ですが、

若竹七海さんの「葉村 晶シリーズ」のミステリー小説があるのです。

”ハムラアキラ” なんてカタカナでのタイトルなのでご存知の方も一瞬とまどってしまったかも、ですね。

すでに7作品が出版されています。

◎『プレゼント』・・・・中央公論新社 / 中央文庫

◎『依頼人は死んだ』・・文藝春秋 / 文春文庫

◎『悪いうさぎ』・・・・文藝春秋 / 文春文庫

◎『さよならの手口』・・文春文庫

◎『静かな炎天』・・・・文春文庫

◎『錆びた滑車』・・・・文春文庫

◎『不穏な眠り』・・・・文春文庫

 

登場する女探偵の葉村晶は事件やトラブルに次々に巻きまれてしまい悲惨な目に遭うので ”不運な女探偵” なんて呼ばれているのです。

ミステリー作家・若竹七海(わかたけななみ)さんが、20年以上にもわたって描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」初のテレビドラマ化です。

※若竹七海さんは、2013年に「暗い越流」で第66回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞されているミステリー作家です。

 

『ハムラアキラ ~世界で最も不運な探偵~ 』基本情報

主人公・葉村晶(ハムラアキラ)はハードボイルドの女探偵。

ミステリー大好きの34歳で独身。

訳があるらしく転職・転居は数知れず。

現在の仕事はミステリー専門書店でバイト兼書店のオーナーが面白がって始めた【白熊探偵社】で調査員としても働いている。

どうやら物事をハッキリさせたい性格のようで、猪突猛進と突っ走るがために数々のトラブルにも巻き込まれてしまう。

そのあたりが不運な探偵といわれる所以のようです。

そのハードボイルドの女探偵を演じるのはシシド・カフカさん。

シシドカフカさんは歌手でありドラマーでもあり女優でもあり、そしてモデルでもあります。

身長175cmというシシドカフカさん。ファッションショーでも、さぞ見栄えすることと思います。

シシドカフカさんのハードボイルド。

もしかしたら女性ファンがぐっと増えるかもしれませんね。

きっと女性から見てもステキだと思うのです。

バシッ!ときめられると、クラッ!としてしまうかもですよ。

”世界で最も不運な探偵” どのような世界を見せてくれるのでしょうか。

山口百恵さんの大ファンだというシシドカフカさん。きっと内面は百恵さんのように優しい心の持ち主ではないかなぁ。。(山口百恵さんは菩薩のイメージと言われたぐらいの方です。)

ドラマ期待しています。

クラッ!と、させて欲しい。。。

 

主なキャスト

葉村 晶・・演:シシド・カフカ(ししど かふか)

主人公・探偵役。 服装は職業柄のせいかモノトーン。ミステリー小説が好き。

タフで一匹オオカミタイプではあるが、秘めた優しさもある。

仕事は出来るのに不運な災難にあうことが多く、人は面白がって「世界一不運な探偵」と呼ぶ。

「女はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていけない」をモットーに活躍する。

 

岡田 正太郎・・演:間宮 祥太朗(まみや しょうたろう)

警視庁 警視 管理官。ドラマのオリジナルキャラクターである。

警視庁の超エリートで速水・柴田からすると雲の上の人でスキのない冷徹さもあり、敵に回すと怖い存在。

 

村木 義弘・・演:池田 成志(いけだ なるし)

葉村の元同僚で探偵の先輩。元は警察官である。

葉村晶とは長いつきあいがあり、かつての同じ職場での上司である。

 

速水 治松・・演:津田 寛治(つだ かんじ)

影山東署の刑事。先輩として柴田刑事とコンビを組んでいる。無難な人生を望む男。

 

柴田 要・・演:板橋 駿谷(いたばし しゅんや)

影山東署の刑事。警察の情報が欲しい葉村晶にとって貴重な情報源となる男。

 

野々村・・演:松尾 貴史(まつお たかし)

古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の常連客。ミステリー好きである。

リサイクル店のオーナー兼店長。

 

柿崎・・演:中村 靖日(なかむら やすひ)

古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の常連客。

近所の信用金庫に勤めるサラリーマン。出世欲はなく好きなミステリーに人生を捧げるようになる。

 

アケミ・・演:大後 寿々花(おおご すずか)

キャバクラ嬢。さっぱりした葉村晶に好感を持っている。

 

浅川・・演:浦上 晟周(うらがみ せいしゅう)

ミステリー書店 「MURDER BEAR BOOKSHOP」でアルバイトをしている大学生。ミステリーマニアでPCを扱うのが得意。

 

富山 泰之・・演:中村 梅雀(なかむら ばいじゃく)

ミステリー専門書店 「MURDER BEAR BOOKSHOP」 の店長。元は大手出版社でミステリー雑誌編集長を勤めていた。

葉村晶に家賃を取らずに店の二階を住居として提供している。

公式サイト引用