私刑人~正義の証明

『私刑人~正義の証明』2020年 2/9(日) 21時~

Pocket

 

森村誠一さんの小説「正義の証明」がテレビ朝日系でドラマ化されます。

タイトルは『私刑人~正義の証明』

私刑人とは、おだやかではありませんね。

このドラマの中での私刑人とは・・

罪を犯しているにも関わらず、法では裁かれない卑劣な犯罪者に対して制裁を下す人物のことを指しています。ダークヒーローともいえる存在です。

対象者を狙撃するという私刑人による大胆な刑執行。

小気味いい気もしますが、胸の内にやましいことがある人は、刑執行に怯え、自ら真実を吐露する者や謝罪する者が続出してしまうという。

このドラマで描かれるのは・・

ダークヒーローともいえる ”私刑人” VS 私刑人を追う警察 

そして、”正義とは何か” ”正義の基準は正しいのか” を深く問いかけられるドラマです。

「正義なら何をしてもいいのか。」「悪とわかっていても、正義のために。」そして、そうしたことを逆手にとって「正義の名のもとに、悪びれず利益や利権を手にするため犯罪に手を染める人。」も、少なからずいるのかもしれないですね。

きっと私刑人も、正義を振りかざして行われる犯罪が許せないのかもしれないです。

私刑人はコツコツと真面目に生きてきたことがバカらしくなってしまった人、あるいはそうした正義面した人に、はめられてしまった過去ある人なのか・・

どちらかではないでしょうか? あさはかな私見ではありますが・・

 

『私刑人~正義の証明』 基本情報

このドラマで主人公を演じるのは、遠藤憲一さん。

遠藤さんは、いろいろな役を演じられてきた方です。

どんなイメージがあるでしょうか?

硬派?・ちょっとぬけている?・コケティッシュ???

いずれもCMやドラマや映画などからストレートに印象づけられているからでしょう。

見ている側の人が印象づけられる、ということはそれだけ演技力が優れているからだということでしょう。

その遠藤憲一さんは、このドラマで元SPの警察官・松永祐一郎を演じます。

警視庁警備部警護課のSPだった松永祐一郎はかつて ”私刑人” に関する事件で銃弾を受けSPの職を辞しています。現在は交番勤務の警官です。

そして、その事件から3年後。ふたたび ”私刑人” が動き出します。

警視庁が『私刑人対策室』を設立するにあたり、再び松永はその現場へ呼び戻されます。

テレビ朝日ドラマで単独初主演となる遠藤憲一さんの渋くて熱い演技が光ること間違いなしです。

”私刑人” はいったい誰なのか・そして何のためなのか。

そして「正義の証明」・・この奥深いテーマの答えは。。

とても、気になるところですが、それはドラマでのお楽しみというところなのでしょう。

遠藤憲一さんのコメントには・・まさかの展開をお楽しみに!とあります。

”まさか” があるようです。”まっさかさま” ではないですよねぇ・・ちょっと心配です。

 

それでは、このドラマに箔をつけるキャストのご紹介です。

主なキャスト

松永 祐一郎(まつなが ゆういちろう)・・演:遠藤憲一(えんどう けんいち)

現在は交番勤務の制服警官。元は警視庁警備部警護課の優秀なSP。「私刑人」の再出現により「私刑人対策室」に呼び戻される。

 

江崎哲平(えざきてっぺい)・演:北村有起哉(きたむらゆきや)

元は警視庁警備部警護課のSPで松永の後輩。現在はタクシー運転手。

 

吉尾 恵美(よしお えみ)・・演:内山 理名(うちやま りな)

『週刊エラー』の女性記者。松永とは旧知の仲で浅からぬ因縁がある。

 

山葉 文雄(やまは ふみお)・・演:濱津 隆之(はまつ たかゆき)

龍岡議員の私設秘書。龍岡の跡を継ぐ野望の持ち主。

 

龍岡泰邦(たつおかやすくに)・演:竹中直人(たけなかなおと)

与党・民自党の大物議員。大臣を歴任し、現在は時期総理大臣候補の筆頭。

 

公式サイト引用