2020年 1月スタートドラマ

『庶務行員・多加賀主水4』 2020年 2/16(日) 21時~

Pocket

 

テレビ朝日系で放送される『庶務行員・多加賀主水4』

庶務行員・多加賀主水シリーズは祥伝社文庫より4シリーズが刊行されています。

著者は江上剛さん。

【庶務行員 多加賀主水が許さない】

【庶務行員 多加賀主水が悪を断つ】

【庶務行員 多加賀主水が泣いている】

【庶務行員 多加賀主水がぶっ飛ばす】

 

テレビドラマは2017年からテレビ朝日系でシリーズ化されています。

第1作『庶務行員 多加賀主水が許さない』

第2作『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』

第3作『庶務行員 多加賀主水』

そして、2020年 2/16(日)の放送がシリーズ第4作目になります。

待ちに待ったと首を長くしていたファンもいらっしゃるのではないでしょうか。

主役はダンディな高橋克典さんですから、ごもっともなことです。

多加賀主水の勤務先:第七明和銀行は第七銀行と明和銀行が合併してできた銀行。

その、第七明和銀行高田通り支店で庶務行員として働いています。

多加賀主水は、元フリーター・元漁師・元大使館料理人と少々変わった経歴の持ち主。

その上、剣道の腕前はかなりのもの。暴力団なども竹刀であっという間に打ちのめしてしまいます。

高橋克典さんファンには、もう・・たまらないドラマなのです。

このシリーズ4では、高橋さんは ”ちょっとおじさんっぽく” 演じてみようと思われたそうで、ますます気になります・・よね。

高橋さんはちょっと癖のある役もお似合いですし、このドラマのように正義感のある役柄もお似合い。女性ファンが多いのではないでしょうか。

✅俳優でもありミュージシャンでもある高橋克典さんは2010年11月には「ベストレザーニスト2010」に選ばれ、同じく2010年、「皮革親善大使」にも就任されています。

 

『庶務行員・多加賀主水4』 基本情報

曲がったことは許さない!

今までも巨悪に立ち向かってきた多加賀主水。

今回はどのような展開が待ち受けているのか、多加賀主水の活躍やいかに・・

なのですが、多加賀主水がいきなり刑事に放火の疑いで任意同行を求められるところから物語は始まります。

疑いはすぐに晴れるものの、多加賀主水が黙っているわけはありません。

町の人たちの不安を解くべく、周りの人たちと協力し火の用心の夜回りを始めます。

その後も、町の嫌われ者の家に放火される事件が次々と発生。

今回のドラマは放火事件だけではなく、現代社会をとりまく様々な問題が描かれていくと言います。

多加賀主水の悪党を退治する殺陣シーンはもちろんのこと ”火災現場からの救出シーン” ”放水シーン” と、炎や水を使ったアクションが大きな見どころです。

今回の謎、多加賀主水どう裁く?

高橋克典さんは、”今回、ようやく多加賀主水のキャラクターを完成できた” とおっしゃっています。

多加賀主水の完成品。。 ぜひ、お見逃しなく。

 

それでは、登場人物と主なキャストのご紹介です。

 

主なキャスト

多加賀 主水・・演:高橋 克典(たかはし かつのり)

第七明和銀行高田通り支店の庶務行員。普段は接客や店頭のティッシュ配りなどしているが、敏腕さは上役にも知られておりトラブル解決などを頼まれる。

悪事を見逃せない性格で職を転々としてきたが、庶務行員となった今は町の人気者である。

 

生野 香織・・演:夏菜(なつな)

窓口事務を担当している。多加賀主水の相棒で事件解決に協力する。

 

難波 俊樹・・演:風見 しんご(かざみ しんご)

事務課長。おおらかな性格で主水とも仲が良い。

 

矢崎 修也・・演:庄野崎 謙(しょうのざき けん)

第1作はバーのマスターだったが、第2作から珠代の居酒屋でアルバイト店員として働いている。

 

梅沢 剛・・演:加藤 雅也(かとう まさや)

警視庁高田北警察署の刑事で主水の知り合い。

 

石岡 珠代・・演:仁科 亜季子(にしな あきこ)

居酒屋の女将。

 

神無月 隆三・・演:神保 悟志(じんぼ さとし)

総務部長。

 

山内 貴恵・・演:高島 礼子(たかしま れいこ)

支店長。赤字に陥った支店を何店も立て直してきた立て直しのプロ。

 

<ゲスト>

吉瀬 紘一・・演:岡田 義徳(おかだ よしのり)

高田通り支店の営業課員。

 

大沢 勝子・・演:市毛 良枝(いちげ よしえ)

元教師。振り込め詐欺に騙されそうになっているところを主水に助けられる。

 

五大 正信・・演:小木 茂光(おぎ しげみつ)

最重要ランクの取引先である建設会社の社長。

 

久住 義正・・演:佐戸井 けん太(さとい けんた)

 

公式サイト引用

Wikipedia引用