2020年 1月スタートドラマ

『不協和音 炎の刑事VS氷の検事』’20 3/15(日) 21時~

Pocket

 

テレビ朝日系で放送されるスペシャルドラマ

『不協和音 炎の刑事VS氷の検事』では、田中圭さんと中村倫也さんが生き別れの兄弟役で共演されます。

ひとりは「炎の刑事」、もうひとりは「氷の検事」です。

どちらが田中圭さんで、どちらが中村倫也さんでしょう・・

なんて、アホなこと言っちゃいましたが、

田中圭さんが「炎の刑事」役で、熱血刑事:川上祐介。

中村倫也さんは「氷の検事」役で、東大卒のエリート検事:唐沢真佐人。

なんだか現在放送中の ”ケイジとケンジ” をダブらせてしまいそうです。。(^^;

✅田中圭さんは多くのドラマに出演されていますが、2018年の「おっさんずラブ」で大ブレイク。東京ドラマアウォード2018の主演男優賞を受賞しています。他にもバラエティ番組・映画・ドラマなど多くの作品に出演されていて多くの賞を受賞されています。

田中さんは、銭湯巡りと和菓子が大好きらしいです。

 

✅中村倫也さんもドラマ・舞台・CMなど多くの作品に出演されていますね。昨年は「凪のお暇」でなんとも不思議なつかみどころのない青年を好演され、第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 助演男優賞を受賞されています。もちろんその他にも多くの賞を受賞されています。

敬愛している人はお笑い芸人のバナナマンさんだそうです。

 

このドラマでは俳優として経験も豊富な実力派同士の二人が、生き別れの兄弟を演じます。炎と氷でのエキサイティングなシーンが見ものですね。

炎が氷を溶かすのか、それとも氷が炎を鎮めるのか、楽しみです。

原作:大門 剛明(だいもん たけあき)「不協和音」(PHP文芸文庫)

 

『不協和音 炎の刑事VS氷の検事』 基本情報

 

”炎の刑事:上川祐介” と ”氷の検事:唐沢真佐人” が、なぜ生き別れとなっていたか・・

それは、刑事である父親がかつて不当な自白強要で冤罪を生み出してしまったために、いじめにあっていた小学生の二人は父親の死後、別々の家庭に引き取られて育ったのです。

そして・・・

兄である上川祐介は、父を想って熱い刑事になった。

弟である唐沢真佐人は、父を憎んで冷静沈着な検事になった。

その二人がある事件の捜査で再開を果たします。

正反対の二人が織りなす、生き別れの兄弟の譲れない信念をぶつけ合いながらの事件の真相解明。

不協和音を奏でながらも、いい音色を響かせてくれるのではないかと二人のバトルに期待大です。

このドラマ、ブレイクする予感がします。。。

田中圭さんコメント

今までの刑事役は、どちらかといえばインテリや氷のようなキャラクターが多かったので、今回は「えっ!? オレ、こっち!?」と驚く気持ちもありました。炎の刑事っぼくしたくて、髪を切りました。

今回は、最終的に「この兄弟をもっと見たい!」と思わせる作品にすることが僕の理想。

※公式サイトより一部引用

中村倫也さんコメント

圭さんとは ”飛んできた矢印をそらすも返すも、曲げるも自在” のチームワークが築けていて楽しいです。ただ、法律用語の多いセリフに関しては、てんやわんやの毎日です。

この作品は ”女性がボーッとして、男性がカーッとなれる作品” になる見込み。男から見ても「かっこいいな」という瞬間もあって、見どころが多いと思います。

※公式サイトより一部引用

 

主な登場人物

川上 祐介(かわかみ ゆうすけ・・演:田中 圭(たなか けい)

月島東署刑事課の刑事。小学生だった頃、自白強要で冤罪を生んだ、と世間から叩かれた元刑事の父・大八木宏邦が突然死亡。母方の祖母に引き取られ「川上」姓に改名。父への思慕の情を抱えている。

新米刑事だが、熱い精神と優しい心で事件に向き合っていく。

唐沢 真佐人(からさわ まさと・・演:中村 倫也(なかむら ともや)

東京地検の検事。裕介の生き別れの弟。小学生の頃、元刑事の父が突然死亡し、高等検察庁の元検事長・唐沢洋太郎の養子となる。東京大学を卒業したエリート中のエリート。

知的でインテリ臭が漂う男。冷徹とも思えるほど冷静沈着で事件と向き合う。

宇都宮 実桜(うつのみや みお)・・演:趣里(しゅり)

弁護士。クライアントの権利を守り、職務をまっとうするためなら一歩も譲らない。裕介とは犬猿の仲。唐沢真佐人には興味を抱いている。

安田 富夫(やすだ とみお)・・演:相島 一之(あいじま かずゆき)

月島東署の署長。厳しくも温かく、部下を日々指導している。自白の重要性や焦って自白を強要することの危険性を熟知している。

城崎 知也(じょうざき ともや)・・演:岡部 たかし(おかべ たかし)

月島橋外科病院の経営者で医師。

三津谷 研太(みつや けんた)・・演:川島 潤哉(かわしま じゅんや)

川上祐介と唐沢真佐人が共に担当する連続放火事件の被疑者。

有村 秀人(ありむら ひでと)・・演:板倉 チヒロ(いたくら ちひろ)

月島東署刑事課の係長。川上祐介の上司で、月島東署の署長・安田富夫の信頼も厚い。

片桐 寛市(かたぎり かんいち)・・演:古川 耕史(ふるかわ こうじ)

検体集配会社のスタッフ。月島橋外科病院に出入りしている。

平松 樹生(ひらまつ みきお)・・演:笠松 将(かさまつ しょう)

川上祐介が以前勤めていた月島東署佃川交番の巡査。

町田 琉太(まちだ りゅうた)・・演:小野寺 晃良(おのでら あきら)

フリーター。窃盗の常習犯。

丸山 与四郎(まるやま よしろう)・・演:木下ほうか(きのしたほうか)

大企業「丸山建業」の社長。選民意識が非常に強く、鼻持ちならない男。政界進出も狙っている。

加藤 美喜江(かとう みきえ)・・演:多岐川 裕美(たきがわ ゆみ)

月島東署佃川交番に勤務する巡査長・加藤博行の妻。愛情深くて朗らかな女性。

小寺 順平(こでら じゅんぺい)・・演:杉本 哲太(すぎもと てった)

警視庁捜査一課の警部補。物腰は一見穏やかだが、被疑者から自白を取るためなら手段を選ばない。

加藤 博行(かとう ひろゆき)・・演:生瀬 勝久(なませ かつひさ)

月島東署佃川交番の巡査長。面倒見が良く、人情にあふれた人物。

 

公式サイト引用

お気に入りのドラマはついつい引き込まれてしまいますね。

そんなドラマをエンジョイするエッセンス。

「ドラマ基本情報」を発信しています。

またのお越しをお待ちしております。_(._.)_